申し訳ありませんが、まだデータがありません。

postheadericon 注意点

カクテル

キャバクラ、セクキャバなどのお仕事は、夜の生活がメインになってきます。
そうすると、自然と不規則な生活リズムになってしまいます。

求人情報では、キャバクラ、セクキャバの一般的な出勤時間は19:30~20:00で、退勤時間は01:00~02:00と記載されていますが、アフターなどがあると、更に深い時間帯まで働く事になります。
また、キャバクラ、セクキャバはともにお酒を呑みながらのお仕事となります。
毎日お酒を呑むとなると、体に負担をかけてしまいます。
現在では、お酒が呑めない女性でも働けるようになっていますが、お酒が呑めないとなると、基本給だけの収入しか得られなくなります。
稼ぐには、やはりお酒をお客さんと一緒に呑んで、新しいボトルなり、カクテルなりを注文させる必要があります。
高収入が得られる代わりに、体に負担をかけてしまう内容になっているので、ある程度呑むペースを考えながら仕事をする必要があります。

また、適度な運動も必要になります。
出勤前に軽くウォーキングやストレッチなどをして運動させます。

postheadericon 性風俗

グラス

セクキャバは、性風俗業種に属されているお仕事です。
そのため、キャバクラやスナック、ガールズバーよりも高いお給料が貰えます。

しかし、セクキャバというお仕事は、性風俗業種の中では比較的お給料が安い方です。
何故かというと、サービス内容がソフトだからです。
セクキャバは、胸へのお触りを許しているだけで、他の性風俗業種のような本格的な性的プレイは行いません。
更に高収入を稼ぎたいという方は、本格的な性風俗業種を選ぶようにします。
本格的な性的プレイには、まだ抵抗があるといった方は、セクキャバを選ぶようにします。
性風俗業種の中では安い給料ですが、一般職、キャバクラに比べるとかなり高時給な内容になっています。

風俗求人には、セクキャバのように、性的サービス内容が優しいものが他にもまだ沢山あります。

postheadericon 仕事

ポーズをとる女性

ここでは、キャバクラとセクキャバがどんなお仕事をしているのかを説明していきます。
まずは、キャバクラの仕事内容について紹介します。
キャバクラは簡単にいうと、「接待業」です。お客さんがお店に来店したら、隣の席に座って、お酒を作ってあげたり、一緒に呑んでお酒の相手をしてあげたりするお仕事です。
ただお酒の相手をするだけではなく、接客しているお客さんの身の回りの小さい世話も細かく行います。
グラスにお酒があまり残っていない場合は、すぐにお酒を作ってあげ、グラスに水滴が集まればおしぼりで拭いてあげたり、お客さんがタバコを吸おうとしたら、火を点けてあげたりと、様々な世話をします。
お客さんがトイレに立てば、トイレの入口まで行き、おしぼりを持って待機するなどの、サービスも行います。

セクキャバの仕事内容は、キャバクラと同じようにお客さんのお酒の相手をするお仕事です。
キャバクラと違う所といえば、「お触り」が許されているという事です。
セクキャバの正式名称は、「セクシーキャバクラ」です。「セクシー」と名前が付いている通り、サービス内容もお色気な部分が含まれています。
お触りがどの程度まで許されているかというと、基本的には上半身のみです。
接客中、お客さんの膝にまたがり、上半身をさらけ出します。
上半身がさらけ出されている間にお客さんは、胸を揉んだり、舐めたりしてサービスを楽しんでいます。

キャバクラやセクキャバは、求人雑誌では「接待業」、「接客業」と簡単に紹介されていますが、細かいお仕事内容は、上記のようなものです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031